KEEL DESIGN 代表 龍輪 誠様

ホーム › 資格講座・受講生の声

ブランディングを学ぶことで、ビジネスとクリエイティブ両面の可能性が広がった

受講生

KEEL DESIGN 代表 龍輪 誠様
クリエイティブ ディレクター / デザイナー
HP:http://www.keeldesign.jp/

受講に至った背景について

今や“ブランディング”が当たり前に語られる時代

KEEL DESIGN
※KEEL DESIGNの公式HP

デザイナー歴でいうと、20年以上のキャリアがあります。海外から日本に上陸したアルコール飲料のパッケージデザインを担当したり、裏原宿ブームや格闘技ブームにデザイナーとして関わったりしながらキャリアを築いてきました。今から振り返ってみると、裏原宿ブームの時にアパレルブランドの立ち上げに参加したりと、知らず知らずに「ブランディング」に関わっていたのかもしれませんね。今は個人事業主として独立して、「KEEL DESIGN」という会社を立ち上げています。

デザイナーとして中小企業と仕事をするなかで、「ブランディング」というキーワードが当たり前のようにクライアントの口から出てくる時代になったと実感しています。「あぁ、クライアントもしっかりと勉強しているんだな」って。ひと昔前なら「ブランディング=大企業がやること」というイメージが強かったと思いますが、今はまったくそんなことはないですよね。ブランディングだけでなく、マーケティングにしても中小企業だって当たり前のように考えています。会社の代表としてチームを引っ張っていくうえでも、最先端のブランディングの考え方を学ぼうと思い受講を決めました。

講座を受講した感想について

実務に即した内容だから、ビジネスシーンで際立つ

実は受講を申し込む前に、ブランド・プランナー協会が開催している「無料体験講座」に参加したんです。そこでの内容が、私の求めているブランディング像と重なったので、安心して受講に踏み出せました。中小企業をメインクライアントにしている私にとって、ブランド・プランナー協会の考える中小企業のブランドづくりに共感できましたし、内容も実践的なので期待が持てました。

本講座の内容も、ビジネスシーンで活かせる内容で盛りだくさんです。とくにボーリングのピンをイメージしたオリジナルのフレームワークは、分かりやすくていいですね。中小企業の経営者の方にこのフレームワークを使って説明すると、すんなりとブランディングを理解してもらえるので重宝していますよ。

今後の活動について

クリエイターにますます求められる“ブランディング”

受講生

これからの時代、中小企業にとってますますブランディングが重要になってくると思うんです。なぜかというと、ユーザーや消費者にとって商品やサービスを選ぶ時に大切なのは「温かさ」や「想い」の部分。それを届けるためには、企業の“らしさ”をブランドにまで昇華していくことがポイントです。でも、そのブランドづくりを理解して実践できるクリエイターは、まだまだ足りていないのかもしれませんね。

この講座を受講して、ビジネスの可能性が広がったと実感しています。今までは、独自の解釈でしかなかったブランディングが、講座を通じて体系的に、しかも実践的に学べたので、“芯”を通した提案ができるようになりましたね。これからも学んだ内容をベースに、個人事業主としてもクリエイターとしても、両方の可能性を追求していきたいです。

和田

協会より受講を検討している方へ

「ブランディングに興味はあるけれど、実際にどう学べばいいか分からない……」「クリエイターとしてステップアップしたい!」、そう考えている方にこそオススメしたい講座です。分かりやすくてビジネスシーンで役立つ内容なので、きっと新しい“気づき”があるでしょう。